Articles for 1月 2018

★悩んでいるのは大人の女性だけじゃない!肉割れ治療をして身体に自信を取り戻そう!★

肉割れは皮膚に白い線が複数入った症状を指します。過剰な食べ物の摂取で急激に太った場合や過度のトレーニングで重い負荷をかけ続けた場合等に皮膚が引っ張られ、裂けることにより起きます。肉割れはお腹だけではなく、ふくらはぎ・もも・腰部・お尻にも現れます。また、大人の女性だけでなく、子ども、男性にもできます。大人の場合の肉割れ原因としては、ストレスによる暴飲暴食で急激に太った、運動不足による血流の悪さ、無理なダイエットによる急激なリバウンド等が挙げられます。子どもの肉割れの原因としては、成長期の身体の変化が急激すぎた場合、部活によって筋肉が過剰に鍛えられ大きくなった場合等が挙げられます。肉割れ治療の方法としては様々ありますが、ある程度薄く目立たなくすることはできても、完璧に治し元通りにすることは現代医療では難しいと言われています。それでも、できることなら少しでも薄くして、思いっきりビキニを来て海に行きたいですよね。治療・予防方法としてはクリームやベビーオイルを用いる方法、実際に病院に出向いてレーザー治療等の医療行為を施してもらう方法、エクササイズ・ストレッチ・サプリメントを使って身体の中から改善する方法等様々あります。「妊娠線・肉割れ治療比較ランキング」では病院までは行かずとも肉割れをこれ以上進めたくないという方に対してクリームやサプリメント情報をたくさん掲載してあります。また、思い切って病院で治療したいという方に向けて、治療・費用が異なる多くの病院を掲載してあります。悩む前に一度「妊娠線・肉割れ治療比較ランキング」を覗いてください。ご自身に合った肉割れ治療方法を見つけましょう。

FireShot-Screen-Capture-#310---'妊娠線・肉割れ治療比較ランキング※最適な病院の選び方'---妊娠線・肉割れ_jp

 

 

 

 

 

★妊娠線ができたときに知っておきたい対処法★

7916975c58ade268839f3ced9ff0f91b_s妊娠をすると日を追うごとにお腹がおおきくなっていくので、妊娠線を心配する方がほとんどですので、妊娠線の対策をきちんと行う方も多いでしょう。しかし、きちんと対策をしていたのに妊娠線ができてしまったという方も多く、できてしまった妊娠線は悩ましいものです。妊娠線ができたすぐは赤紫色ですが、時間の経過とともに白っぽくなりだんだんと薄くなっていきますが、手術の縫合の痕は一生消えることはありません。妊娠線はでき始めてきたときにこれ以上ひどくならないように対処することで妊娠線の広がりを抑えることができるかもしれません。ここではできてしまった妊娠線の対処法をいくつかご紹介したいと思います。妊娠線ができやすい場所は、お腹、おっぱいの下、太もものつけ根、おしりの下があります。妊娠線が最初に体のどこにできるかは人それぞれだと思いますが、大抵の方は「お腹」にできることが多いようです。おなかにできるということは他の部位にもできる可能性が高いので、妊娠線ができた部位だけではなく、体をまんべんなくチェックしてみてください。妊娠線の対処法として、「体重管理」「保湿」の2つがありますが、妊娠中はある程度の体重増加は仕方ないことなので、自分でコントロールするのはなかなか難しいでしょう。ですから、ご自身で毎日コツコツと取り組める対処法は「保湿」で、でき始めの妊娠線にも効果が高いといわれています。保湿効果が高いものはクリームやオイルなどがあります。おすすめのオイルはホホバオイル、マカデミアナッツオイル、ココナッツオイルなどがいいようです。オイルを使うことで保湿力がアップしますし、オイルは油分が多く水分が少ないのでお風呂上りなどに塗るとなじみやすくなり効果的です。クリームは保湿と油分をほどよく合わせてあるので、クリームだけでも十分な保湿効果は期待できます。ただ、クリームはオイルに近いものやローションに近いさらっとしたものと様々なので保湿効果が高いクリーム選びが大切です。妊娠線の対処法として効果的な塗り方は、オイルを塗ってからクリームをぬる方法です。お風呂上りにオイルで保湿をした後クリームを塗り込むことでクリームの浸透力がアップするので効果的です。ここでポイントなのが、毎日継続して行うということです。どんなに高いクリームをつけても1回や2回塗っただけでは効果は得られません。それより、毎日継続的なケアすることが妊娠線をひどくしないポイントとなります。その他の対処法としては、新陳代謝を促進する、規則正しい食生活&温かい飲み物 、プラセンタを摂取するなどがあります。基礎代謝のアップは新陳代謝のアップにつながりますので、適度に運動をすることで、代謝が上がりお肌の再生効果が期待できそうです。プラセンタには細胞分裂を活性化する成分が入っているので、お肌の修復・再生を促してくれます。プラセンタは食事で摂取するのは難しいのでサプリメントなどで補うといいでしょう。妊娠線をケアするためには毎日コツコツと取り組んでこれ以上ひどくならないようにケアを続けていくしかありません。

★肉割れ治療を受ける際の注意点とは!?★

急激な体重の変化や妊娠などで急激にお腹が大きくなると、皮膚に亀裂が入り肉割れの症状が起こることがあります。一度できてしまった肉割れを元に戻すことはなかなか難しいので肉割れに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。肉割れを治したいと考えている方もいるかと思いますが、肉割れには出来立ての肉割れ、少し時間が経過した肉割れ、何年か経過した肉割れのどのステージなのかによって対処法も違ってくるようです。 出来立ての肉割れは、真皮が傷ついて亀裂が入っているので赤みがかった色をしています。少し時間の経った肉割れは、お肌の奥にある毛細血管が透けて見えているため濃い赤紫色へと変化しています。何年か経過した肉割れは、赤紫だった色から白っぽい色に変化しています。時間が経過した肉割れは肌がデコボコになっており、触わった感じもボゴボコとしています。肉割れが出来立ての肉割れは、真皮にまで届くような肉割れ専用のクリームで保湿ケアをしっかり行えば症状を最小限におさえることができます。少し時間が経過した肉割れや何年か経過して白っぽくなってしまった肉割れを消すには、肉割れ専用クリームでケアをするより、美容皮膚科や美容クリニックなどを受診する方法が効果的です。 肉割れ専用クリームはクリニックなどを受診するより費用が抑えられるますし、自宅で時間をかけず手軽にケアができます。ただし、クリームでケアする場合の注意点として、クリームでのケアというのはコスト面もあまりかからず手軽に行えますが、毎日コツコツとケアをすることで徐々に効果を実感できるものなので即効性を期待してはいけません。また、クリーム費用がかかってもすぐに肉割れ線を治したいというのであれば、エステに通ったり、美容クリニックなどで行われているレーザー治療をおすすめします。 その際の注意点として、まず、エステに通う場合は、必ず肉割れケア専用のコースがあるエステを選びましょう。次に美容クリニックなどで行われているレーザー治療ですが、レーザー治療というのは、肌に熱刺激を与えて肌の奥にある真皮や皮下組織の再生を促す方法となります。 肌に熱を与えるので、レーザーによる火傷跡のような症状が出る方もいますし、肌質によっては効果を実感できない場合があるので注意しましょう。レーザー治療は効果を実感できるのは早いですが、20万円以上の高額な費用がかかることを覚えておきましょう。自分が安心して治療が出来るためには病院選びがとても大切となってきますが、肉割れの治療は肌を綺麗にするという美容の分野の治療と判断されるため、健康保険の適用はされません。失敗せずに肉割れ治療が受けられるよう、無料カウンセリングなどを上手に利用し、複数のクリニックに行ってみるのもいいでしょう。さらに、インターネットなどの口コミなども参考にすることをおすすめします。

★肉割れは男性にもできる?他人事ではないかも!★

肉割れと聞くと女性が妊娠した時にできるイメージがあるので、男性にも妊娠線が出来ると聞くと誰でも驚いてしまいますよね。実は男性でも肉割れになることがあるので、いつくかの原因が重なると肉割れが出来てしまいます。男性でも肉割れができたら気になるでしょうから肉割れの治療をしたいと思う方もいるのではないでしょうか。肉割れはストレッチマークとも呼ばれており、さまざまな原因によって男性女性問わず出来るものです。肉割れができるのは、基本的に皮膚の急激な伸びに皮下組織がついていけずに断裂を起こしてしまい跡になることが原因といわれています。肉割れの原因となる皮膚の急激な伸びとはどのような要因があるのかいくつかご紹介したいと思います。

最初に成長期などにより急激に身長が伸びた時などは、男女問わず肉割れが出来る可能性があります。これは、成長期で急激に身長が伸び骨の成長に皮膚がついていけずに肉割れがおこってしまうので男性でも症状が出るのは大いに考えられます。成長期を予測して肉割れの予防をするのは難しいですが、肌の保湿をしっかり行うことで防ぐことは可能です。

次に成長期から青年期は筋肉が成長しやすいので筋トレやハードな運動をすると筋肉の急激な肥大により真皮層や皮下組織がついて行けずに肉割れができることがあります。筋肉が原因でおこる肉割れを予防するには肌の柔軟性を保つために運動前に適度なストレッチで体をならしたり、肌の保湿を心がけましょう。 運動部に所属している男性は気をつけたいところです。

また、男性の場合は急激に皮下脂肪が増えたり、体重の増加によって肉割れが出来きることがあります。社会人になって、お酒を飲む回数が増えたり、全く運動しなくなった人は脂肪組織があるお腹や太ももなどに肉割れが起こりやいので中年以降の男性は要注意です。

最後にずっと座って仕事をしている男性も肉割れができやすいといわれています。運動をほとんどせず、長時間座りっぱなしだと血流が悪くなり肉割れが出来る原因となります。血流を促してあげるためには適度な運動をすることがベストだと言われています。忙しくて運動するのが難しい方はせめて自宅でストレッチをするだけでも効果的です。

★肉割れ治療で男性でも美容クリニックに通える!?★

女性はクリニックに通って治療をする方がいますが、男性が肉割れになった場合でもクリニックに通うことはできるのでしょうか?肉割れは、皮膚科や美容外科クリニックに通うことで様々な治療を受けることができます。代表的な治療として2つの方法をご紹介します。

・レーザー治療

レーザー治療とは、非常に細かい照射径のレーザーを肉割れができている部位に照射することで皮膚に微細な穴をたくさんあける治療方法です。皮膚に微細な穴をたくさんあけることで、皮膚本来の自然治癒力が促されます。皮膚のコラーゲンが増生され皮膚が入れ替わることで肉割れが改善していきます。何度か治療を続けることで古い皮膚自体を新しい皮膚に再生させるので肉割れが徐々に薄くなっていきます

・炭酸ガス治療

炭酸ガス治療とは、炭酸ガスを肉割れができているところに注入する治療です。炭酸ガスを注入すると真皮の血流が改善し、皮膚の新陳代謝が良くなります。それと同時に、皮膚に一時的なダメージが加わることで皮膚の再生能力が活性化し、コラーゲンの産生が促進されます。炭酸ガス治療は真皮に直接アプローチすることができるため、効果が非常に高い肉割れの治療といわれています。

これらの治療は女性に限らず男性でも受けることができるので、肉割れを治したいと思われている方は一度受診してみることをおすすめします。肉割れ治療を扱う医療機関は美容系が多いため女性の患者さんが多く行き辛さを感じている男性は多いかもしれません。しかし、完全予約制のプライベート重視の医療機関もあるので、美容系のクリニックに受診するのを躊躇している人は検討してみてはいかがでしょうか。