★公務員試験の難易度を知って十分な対策を!合格するために必要な情報を知りましょう!★

長引く不況や天災といった理由で、安定した職業である公務員の人気は年々高まっています。公務員の家系でない方の受験も増えてきており、都庁・県庁・市町村役所から警察・消防・教員・自衛官など多岐に渡る職業を選択することができます。公務員試験の難易度は、志望する職種によって大きく異なっており、受験科目・合格倍率・合格に必要な点数も異なっています。例えば、旧国家一種に相当する国家総合職は、公務員試験の難易度としては最高レベルであり合格率は5%台であることも一般的です。東京大学や京都大学といった伝統的な国立大学から多く学生が受験する試験であり、非常に高いレベルでの競争が繰り広げられます。国家総合職は、キャリア官僚と呼ばれる職種であり、国家の中枢を担う重要なポジションと言えます。地方公務員の場合、大卒程度の地方上級が高い人気を誇っており、平均年収689万円という高い収入水準と手厚い退職金制度によって多くの学生が受験するポジションです。公務員試験は、一次試験である筆記試験と二次試験である面接の二段階で実施され、それぞれ志望する職種に求められる学力レベルや判断力・人格などから総合的に合否を判定されます。公務員試験に合格するためには、専門スクールである公務員専門学校で学ぶことが効率的ですが、公務員専門学校比較ランキングなら、各校の口コミ評判や特徴を中心に選び方のポイントを詳しくお伝えしています。公務員専門学校比較ランキングを参考に、合格に必要とされる難易度を知り学習の計画を立てていきましょう。

★女性がたくさん活躍する公務員も家庭との両立は容易ではない!?★

公務員は、男性だけでなく女性も数多く活躍している職種となります。公務員の種類はさまざまですが、お役所勤務なだけあって事務作業が多いことからも几帳面な性格が多い女性には最適です。また、看護師や保育士も国や自治体が運営する機関で働けば公務員扱いとなります。国立病院や私立病院などがそれに該当します。近年は、安倍政権が女性の社会進出を後押しする政策を数多く設けているため、まずは身内である国家公務員から積極的に推進されていくことが予想されます。国の社員が女性登用に積極的なければ説得力がなく、一般企業にも普及しないですからね。それを考えると女性にとって公務員という職業は将来性が見込めるといって良いでしょう。公務員はよくリストラがないと言われています。つまり、安定したキャリア形成が可能であり、女性にも同じことが言えます。一般企業であれば出産を経験する場合に産休制度はありますが、辞める人も少なくありません。今の時代は、産休や育休も取得しやすい環境が整っていますが、こればかりは会社によって差があるのが現状です。いっぽう、公務員の場合は産休や育休などしっかりもらえるため、現場復帰も容易です。実際に、公務員として働く女性の多くは出産から職場復帰を行っている人がほとんどのようです。ただし、職種にもよりますが男女平等に扱ってもらえる分、仕事はそれなりに忙しいことも考えられます。特に上を目指すのであればなおさらです。国家公務員の場合は、県を越えて異動となるケースも少なくありません。その場合は単身赴任あるいは家族みんなで引越しとなりますが、共働きの場合は家族で引越しは困難となります。異動を辞退すれば出世にも影響してくるので将来を見据えて今後のキャリアを考えていく必要があります。その点、地方公務員の場合は県内あるいは市内の異動で済むため家庭との両立はしやすいかもしれません。以上、女性でも結婚や出産してもキャリアを継続しやすい公務員は非常に魅力ですが、両立は簡単ではないことも理解しておくことが重要です。将来、家庭との両立を目指すのであれば、異動・残業が少ない職種を事前に選ぶのも1つの方法と言えます。

女性の公務員