★受験前に知っておきたい基礎情報!医学部の年別難易度ランキングから志望校を選ぼう!★

リーマンショックや震災の影響によって、以前よりも安定した職業の人気が高まってきています。景気自体は上向きになっているものの、いつ大きな事件・天災が起きて職や収入を失うのか分からない状況よりも、安定した仕事でかつ高い社会的地位や収入を得られる医師の人気は右肩上がりで上昇しています。2014年の医学部受験者数は14万人にも達しており、新設校や医師不足が叫ばれている中で今後も増えていくと言われています。国公立大学のみならず、高額な学費が必要とされている私立大学についても志望者数は増えており、代々医師の家系やお金持ちの家庭のみならず一般のサラリーマン家庭から多くの医師が誕生しています。しかし、医学部は数ある学部の中でも最難関に位置付けられており、偏差値60台後半から70以上を求めている学校がほとんどです。国立大学の医学部に関しては、東大に合格するより難しいとさえ言われているほど難易度が高く設定されています。大学ごとに出題範囲や出題傾向が異なるものの、受験生のレベルも非常に高いことから過去問分析や対策講座などを通じて十分な受験対策を行っていきましょう。難易度を把握して志望校選びや予備校選びを行うところから受験競争は始まっていると言っても過言ではありません。医学部の年度別難易度ランキングでは、各大学医学部の難易度や傾向を詳しくご紹介しています。医学部の年度別難易度ランキングを参考に、難関である医学部に合格するためのスタートダッシュを切っていきましょう。

医学部 難易度はコチラ

URL:igakubu-ranking.com